« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/23

【レッスルキングダム】少しはじめてみた

再販初日に買ってきましたが、なかなか本編をはじめなかったので、感想もなにもなかったのですが、
ドラマモードを少しやったので書いてみます。

その前にとりあえずEDITでキャラクタの作成。
プロレスゲームってやったこと全然ないのですが、これぐらい触れるのは普通なのでしょうか?
結構いろんな項目があるんだなぁっていう感じ。

でも、目とか眉毛とか変えてもそんなに大きく変わらないような気がしたのは気のせい?

ハーフっぽい和風じゃないキャラができちゃいました。
選択を決定しないと、その絵が出てこないので、パパッと作るのは大変。

選択するとロードして、画面に表示するのに時間がかかったりするので・・・。

ランダムで適当に作っているような要素があったらよかったかもなぁ。

衣装は、入場、練習、試合の三種を作れます。
帽子とかのアクセサリは角度や大きさもいじることができるので、結構綺麗に出来ちゃいます。

柔道をベースにつくってのがいけないのか、スマートでクールなキャラにしようとしても入場シーンがやけに
のしのしと歩いてくるのがどうかなぁっていう感じでした。

帽子をかぶるっても下から髪の毛が出てきてしまうのはなんとかならなかったのかなぁ。。。
大きくすると隙間ができてブカブカっぽさが変だし。

入場音楽を自分で入れられるのはいいですね。
僕はブラックサバスのスーパーナートなんて入れてみました。

さてそんなわけで、結構な時間をかけてキャラ作成。

ドラマモードでははじめに師匠を選択(全キャラではなく決まった数人から)
その師匠との会話で話がすすんでいきます。

全工程は30戦。
1工程に練習と試合があります。

練習はノーマル、ハード、ミラクルの3種と休息。
一回にできるのはノーマルなら3回分できます。
ハードだと一回がノーマル2回分、ミラクルだと3回分です。
休息はノーマル1回分と同じです。

体調の表示があり、上の練習をすれば能力は上がりますが、
それなりに疲労が溜まり、溜まりすぎると故障となります。
さらに続けてしまうと、故障という特殊能力扱いになってしまいます。

練習が終了すると、試合です。
今のところ11試合やったところですが、シングルとタッグがありました。

ここでちょっと気になるところ。
試合前にはコールされて入場となるわけですが、シングルなら
自分、対戦相手と呼ばれるわけですが、タッグの場合がおかしい。
自分、味方、対戦相手1、対戦相手2とばらばらなんですよね。

タッグならやっぱり一緒に出てきてほしいよねぇ。

ちょっとそのへんは作りがあまいかも。

さらに、ゲーム中は声援と、技の音、レフリーの声と聞こえますが
なんとなく寂しく感じてしまうのは僕がテレビ観戦でしか見たことないから
なんでしょうか。。。

解説も実況もないと、いまいち盛り上がれないんです・・。

実際に観にいったら淡々と試合が進んでいくのかもしれませんが、
なんか寂しい。

ゲームなんだから軽く音楽でも流しておいてくれればいいんじゃないかな。
まっ、自分で実況しながら盛り上がればいいんだろーけど。。

あと、見ただけでなんていう技なのかわからないような人なので、
今かかった技がなんだったのかわからないのも寂しいです。。

フィニッシュホールドぐらいは名称でも表示して欲しかったなぁ。

まぁそんなところは気になりましたが、表情や動きはリアルですね。
リアルすぎて生々しい。

今のところオフラインしかやってないですが、これってオンラインとか人とやったら
盛り上がれるんじゃないかな。

コミュニケーションツールとしてのゲームであるなら、いい感じかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

【eM】クリアしました。

ネタバレになってしまうので、あまり詳しくは話せませんけど、普通におもしろかったと言えるRPGだったと思います。

まぁ気になる部分っていっぱいあるにはあるのですが、そこにはわざとふれずにシナリオが進んでいるような気もしたし、別に本筋に関係無い部分ならこれでいいのかなぁって。

3体のデビルゴーレムまでがやっぱり大変でしたね。

その後はそんなに強烈な難しさはないと思いました。

でも。最後のほう。回復無しで連続戦闘とかあったりするのですが、
アイテムはいっぱい補給しておけ~。

って思った。
あれで全然持ってなかったら結構厳しいんじゃないかなぁ。

クリア後のデータはXBOX Liveでのみロード可能となりますので、やりこみたい場合には、
ちょっと前でセーブしておく必要があります。

ちなみに、
「これ以上先に進むと戻れません」
と親切にもメッセージが出る場所があります。

それより先はセーブはできるけど、元の場所には戻れません。

親切なんだか不親切なんだかちょっとわからない部分ですね。

でも戦闘はずっとおもしろかったなぁ。

だいたいワンパターンで飽きてしまう戦闘って多いけど、考えることが結構おおいパズル的な要素があるので。

とりあえずやって損はないんじゃないかなぁって思います、、、本体を持っているなら。

--------------------
Liveってどうなんだろ。

盛り上がれるのだろうか・・・。
なぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/19

レッスルキングダム買ってきました。

ささっとお昼休みに買ってきました。

ちゃんと再販版ってすぐわかりますねー。
バーコードのところにマーク入ってました(^_^)

もうすぐeMも終わると思うのでその後はプロレスかなぁ。

って格闘ゲームは苦手なんですが、なんとかなるでしょうか。

ダメなら自分で負けっぷりを実況します(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

【eM】四神討伐とめざせ100万枚

一度、スザクのところは入ってみたことがあるのですが、スザクにたどり着く前の雑魚に
ボッコボコにされて以来無視していた四神だったのですが、そろそろビャッコを通過になりそうなので、
行ってみました。

まずはセイリュウから。(ヤマシロ湿原 山林)
やっぱり雑魚でも相当LVが高いようで、すばやさすごい。
ほぼ100%不意打ち。

属性があわなかったりすると1ターン目ではぼろぼろだったりもする。
が、雑魚対策に強化してあったハバネロ先生に登場していただく。

不意打ちでもVP0状態でHP1ならいきなり「死なばもろとも」発動。
あとはアツマがいれば残った敵ぐらいなら削れるので、アツマ+ハバネロとレベルを上げたいキャラorゴーレムの組み合わせでちょっとレベル上げ。

結構強烈に稼げるのでいい感じ。

とまぁレベルをあげた話は置いといて。

セイリュウ。
一番初めだったのあんまり記憶がないのですが、強かったと思う。
でもeMって基本的に「勝てばいい」わけですので、総力戦です。

水属性なので、アツマの攻撃が効くのですが、それ以上にセイリュウの攻撃が効きすぎる。

基本的にはその他のボス戦と同様です。
でもスナイプショット使わないで勝つとなると相当な苦戦を強いられるでしょうねぇ。

一回死んでしまったら、回復しても次のターンまでには満タンにできなかったりするので、
死んだら捨て。って感じ。

スナイプで削って殴る。

これしかないですね。

一体ずつの話を書こうと思いましたが、みんなこんな感じでしたね。
四神のみで雑魚がいっしょに出てくることもないので、一回防げばなんとかなるし。

でもスザクの属性変更はイヤらしいね。
ここまでのデビルゴーレムが倒せていれば、それほど苦労するものでもないかと思います。

運悪いと全滅するけどね。

このギリギリ感がいいですよね。
Wizardryでもやってるかのような感じっていうのかなぁ。
生と死の綱渡り的な感じ。

これ、死んでも経験値が入ってくるシステムだからこそ出来たゲームバランスですよね。

そんなわけで、次は賢者の塔です。

ちなみに。
この間でロンドンシティのカジノに戻ってきました。
いろいろとショップにも増えていたしカジノの景品も増えたしね。

で、残チップ25万。

なんとなく心もとないので、また増やしてみました。
いつもはスロットで777狙いだったのですが、今日は評判のいいルーレットで。

一箇所にかけられるのは1000まで。
最大だとx36で36000枚。

これをちょっと方法を変えてやればいいそうです。

1から16ぐらいまでの数字、数字と数字の間をすべてベットで埋めます。
どう埋めたかよくわかりませんけど、僕の場合は57000枚をベット。

これでルーレット開始です。

はずれると57000のマイナスなので厳しいですが、当たると最大170000枚だったかな。
かけたものではずれもあるわけなので全額ではないのですが約100000枚の大当たり。

これを外れてもめげずにやる。

100万枚までがんばろうと思いましたが、99万枚までいってから10万枚で減らしてしまい、
こりゃやばいと思い80万枚までなんとか復活させて終了。

そう、ダメだと思ってもやり続ければ当たる確立なんですね。こうやってかけると。

そんな感じでウハウハなチップになったので、スキルをガンガン取得させてみたっていう感じです。

それでも負けるものは負ける。

いいゲームです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

【eM】砦将撃破。

まぁどきどきしながら攻めたのですが、一回目は1ターン目にミスに気が付きすぐに消して
再度ロード。

砦将の能力についての情報がわからないで行ったら勝てません。

あんなの対策してないと無理です。

とりあえず簡単に攻略手順。

まず砦将ですが、物理攻撃95%吸収のサポートスキル付きだと思われます。
なにもしなくてもそうなっているので、状態解除スキルでは解除不可能。

というわけで、そういった類のスキルは必要ありません。

では、どうするか?

答え:なぐる、蹴る。

これしかないです。

とりあえず1ターン目にアツマのEX:フォースベインで砦将のEPを削ります。
全部は削りきれないと思うのでカリンあたりでEPを吸ってあげます。

これで通常攻撃はほぼ防げますが毎ターンEPは回復になるのでどうにもならない。

しかしこれだけEPが減った状態になると砦将は平時は木のゴーレムを召還し、
EXが100になるとEX:天地開闢をうってくるという繰り返しになります。

ゴーレムの攻撃はそんなに強烈ではないので、ゴリさんに殴らせておけば問題なし。
というか砦将を殴るついでに巻き込んでしまえばOK。

こちらの攻撃手順は、体力の多い人が前で回復役をcoverするような感じにすれば
大丈夫。天地開闢は結構強烈ですが、coverしてれば耐えられるはず。
砦将が地属性なので風で攻撃したいところですが、逆に天地開闢でひとたまりのない
ので、ユウキの利用は危険かもしれないです。(ちなみにスナイプも役立たずでした)

とにかく殴る。それしかないのでAPOのメガリンクで連携を作ってなぐるってもアリかも。

連携からの複数ヒットの攻撃でだとだいぶ早く砦将のHPが削れる。

とにかく有効なのは砦将のEPを削り、天地開闢を耐え、回復して次の天地開闢に備え
ながら殴り続けること。

天地開闢、3ターン以内には再度打ってくるので、回復も即効やらないといけない。

補助役は回復とバリアができればOKじゃないかな。

砦将の攻め方がわからないとほんとどうにもならない。勝てる気もしないかも。

そう考えると炎帝のほうが嫌だったかも。


このあと、セイリュウを倒しに行ってみたけど、やっぱりデビルゴーレムで慣れていると
なんとかなるもんですね。

それにしてもこの隙間をついていく戦闘は今までに無いかもなぁ。
雑魚でいろんな攻め方を覚え、ボス戦が本格的バトルっていう感じ。

さぁあと少しっぽいからがんばろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

【eM】もうすぐ砦将戦。

ちまちまと進めてみました。

そんなわけでもうちょっとでデビルゴーレムっぽい。
炎帝のどきどきがまだあるので、それなりの覚悟が必要な気がしてます。

で、今日はここらで終了。

僕のVPが切れたっぽいので(^▽^;)

ここまでの感想。
とにかくよく歩く。
FF XIとかでフィールドを歩くということになれている人は平気でしょうけどね。
自分のレベルがそこそこに上がっているのなら、この歩きもなんとかなるでしょうけど、エンカウントも結構するので、大変だったりします。

でも、そこそこ進んでからワープポイントができて一気に戻れるようになっていたのはちょっとうれしかった。
ここまでで一回だけですけど・・・。

腰から上だけのポリゴンキャラで会話が進むのですが、表情や動きのパターンがそんなに多くないので、
だんだんとその動きになれてしまい、飽きてくるかも。
制作とすれば、モーションキャプチャーとかをいちいちやらなくてすむし楽なんでしょうけどね。

これ見てて、女剣士とか出てきて、洋風に和風がごちゃごちゃになってきて、
ふと「鬼●王ランス」なんか思い出した僕はどーしようもないですね(^▽^;)

あのゲームの会話シーンにデジャブな感じなんですよねぇ。
背景画にキャラクタを並べて会話って。

まだこれから続くわけですが、最後までなんとか持つのだろうか。

絵はとにかく綺麗。たまに止まってカメラ視点をぐるぐる回しちゃいます。

シティの名前がヨコハマ、ロンドン、キョウトとついているのですが、それをふくんだ世界の説明って全然ないんですよね。

未来の地球の話とかそんなものかと思っていたけど、すべてのシティが歩いていけることから、全然地球とは関係ないような感じ。

もしかしてこれがなにかの複線、ゴーレムウォーで変形したとかっていう話だったりするのだろうか。

あと一点。
パーティは4人。
人間キャラが4人。

それにゴーレムがいっぱいいるわけです。

これでどうパーティを組めと?

3人の人間なら1枠を使ってっていうことも考えられるけど、4人だと固定になりがちじゃないかなぁ。
ゴーレムをいれててもストーリーには全く関係ないし。
(まっ$#Qが#$”#?!っていうのは\(^^\) (/^^)/)

つっこみどころは満載であります。

とにかくラストまでぷっつり切れずにいて欲しいなぁ。
まぁ完全オリジナルのRPGなのでそーいうことをいうだけでどんなRPGでも同じようなことってあると思うんですけどね。シリーズものが何故安定しているのか?っていうとやっぱりシステムであり、世界観であり、ものの名称でありどんなおかしなものでもちゃんとできあがっている世界観から生み出されたものであり、大きく外れていなければ安心できちゃうからだったりするんですよね。

オリジナルだと地盤がないから、それがどうなってしまうかわからなくておそろしいっていうだけで。

と、今のところそんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

【eM】炎帝撃破!

初全滅おめでとーーーー(;_;)

緊張感高すぎでいまだに心臓バクバクしちょります。。。

とりあえず、2度目でなんとか撃破。

アツマ、ライガ、ユウキとマーリングレイブというパーティ。

1,2ターン目は攻撃できないので、待機。
最前列に移動と、防御スキル、強化スキルで固める。

3ターン目、攻撃開始。
ここで連携ができることが必須ではあるが、なんとかなるものなんだろうか・・・。

誰から攻撃をするのかも関係するかも。
とりあえず100%パワーアップのライガがハイブレイドで殴る。
アツマのex:スタンピードフレアで殴る。
ユウキがハイエアロショットをぶっぱなす。
マーリングレイブのアクアインパルスを打つ。

これでダメージの残りが950ぐらい。

相手ターンでマーリングレイブが一撃で死ぬ。まぁ水だからしょうがない。

他は元気なので、次のターン。
一応マーリングレイブをユウキで復活させて、
アツマのハイフレアラッシュ、ライガのハイブレイドで攻撃。

残り少し。

復活させたマーリングレイブが再度一撃で死ぬ。
復活させる意味はないな。。

というわけで復活させずに全員特攻!

で終了。

これぐらいで勝てないとドンドン情勢は悪くなる一方かも。

ちなみにレベルは23ぐらい。

カジノで荒稼ぎしていたので、だいぶドーピングしてある状態。
スキルは手に入れられるものはすべて持っている状態。
と、レベル以外は完璧にあげてある感じでこの結果。

一度目も同じような攻め方をしたのだが、炎帝から全体の攻撃をくらってぼろぼろになったのが
敗因。

もうちょっと強くして一気にぶん殴るか、やっぱりハバネロをいれてドーンとやるほうがいいかもしれない。

いやぁそこそこいい感じだと思ってたんだけどなぁ。

こんなに強いとはね。

ここまで結構楽にすすんで来たから、このゲームちょっと強くしたら、簡単?
なんてタカをくくってました(^▽^;)

というわけでやっと達成度56%。

半分を越えました。

それにしても
「ほんと、世話焼かせるよな・・・。」byアツマ。

その言葉がどーんと来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/14

とりあえず30万。【em】

em~エンチャント・アーム~を初めています。

始める前にあんまり記事とか読まないようにしているのですが、こんなシステムのRPGだったんですね。

まずストーリー説明からチュートリアル風ストーリーがはじまる(実績3つまでは説明みたいなもの)
会話はポリゴンキャラが左右にならんで行われるので、アドベンチャーゲーム風に見えなくもない。

RPGですのでストーリーはクリアしなくちゃ評価はしにくいので、システム面だけの話にしておきますが、

いままでのRPGとはちょっと違います。
この違いっていろんなメーカーが出そうと模索しているものではありますが、結構大胆にやってもRPGとしての求められているものに問題は出ないんだなぁっていう感じ。

いくつかあげてみると
・どこでもセーブが可能。
・装備は武器のみ。
・戦闘では全滅以外は経験値にも影響がでない。(と思われる)

このあたりが大きな違い。

特に戦闘については、
・戦闘終了後にすべて回復する。
これはすごいですね。
戦闘時以外でHPの心配とかする必要がない。

これが意外と快適だったりします。
まったく戦闘時以外では関係ないのかというと、実際にはVPという耐久度というのがあって、
これが減っていくので、気にしなくていけない部分があるのですが、それもそんなに減りすぎるものではないので、ちょっとした緊張感でいいかもしれないです。

あと、戦闘はちょっとしたタクティカルバトル風で、自陣が縦3x横4のマスになっていて、敵陣も同じ。
自陣から敵陣に移動することはできないという”ラプラスシステム”というものらしいのですが、これも特殊な要素が一つあります。

自パーティの陣形です。通常前衛とか後衛とか決めておくものですが、これがランダムに配置されるんですよね。
なので、いつも同じ戦闘パターンにならないというのが戦闘に飽きがこないということにつながるのかもしれません。

そんな感じでいままでにないおもしろい要素が盛り込まれているRPGとなってます。
ゴーレムの合成、育成はなかなかおもしろいし。
(合成しようとして、突然画面が固まるのはちょっと怖いですが・・・・)

あと、これはXBOX360としてしょうがないのかもしれないのですが、セーブに関して。
セーブと選ぶとまずはセーブ場所としてHDを選択、それからセーブスロットを選択して上書きとなるのですが、
毎回HDを選択するのが一手間だなぁと思います。

別の場所にセーブしたい時以外は基本的に上書きなので、上書きならHDの選択がいらないようなつくりはできなかったのかなぁ。。って。

せっかくHDにセーブできるという速さに利点があるのに、ちょっと残念です。


はい、そんなわけでゲーム本編よりもカジノにはまってしまい全然すすんでなかったので、
そろそろ進めます。
スロット、結構777が出るので、30分もやればめちゃくちゃたまりますよ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/12

がんばれユークス!

突然の回収騒ぎとなってしまった、XBOX360のレッスルキングダム。
ちょっと気になるゲームで、年末には遊べるのかなぁって思っていたんですが、
セーブに不具合ということで回収。

予定していたイベントもすべて中止。

これによってのマイナスはどれぐらいになるんだろう。

あまりニュースになっていなかったので気がつきませんでしたが、1/6の発表で
1/19に発売再開するとのこと。

この決断をしたユークスはすごいと思う。

PCのゲームならパッチでなんとかなる。

でもコンシューマだと”仕様です”とか、適当なことを言ってごまかす会社が多い中すべてを回収するという
形にしたのはすばらしい判断だと思う。

オークションなどではすでに流通しているものもあったりするのですが、それとの差別化もしっかりとしている。

変更点1:パッケージ裏面のJANコード記載面に、丸い印が付いている。
変更点2:ゲームディスクの下部(著作権表示の下)に、丸い印が付いている。

こうやってはっきりとわかる変更もしてくれたのが偉い。

店頭に出回ってしまうと、どれが旧版なのか新版なのかわからない。
後のことを考えてしまうと中古市場に流れてしまうと、まったくわからなくなってしまう。

こういう差があるのはユーザとしてはすごくうれしいことです。

中止になっていたイベントも発売再開後にちゃんとやる模様。

不具合のあることがわかったゲームの対応はこうであるべきじゃないかと思います。

これからもがんばって欲しいと思います!

もちろん1/19には僕も買います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VGA HDケーブル買ってみた。

といってもまだ買って、開封しただけ。

我が家には
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/f/ftd-w17vs/index.html
こんなディスプレイが眠っていたりするんです。
いちおう1280x768が表示可能。

そこそこのレベルで360でも使えるんじゃないかな?って感じ。

で、パッケージには書いてなかったので、あけてびっくりしたんですけど、
オーディオのステレオビンジャックとφ3.5ステレオミニジャックの変換プラグ
こんなやつが付属してるんですね。

さらにVGAはD-subのオスをメスに変換するプラグ(こんなやつ)もついてました。
ケーブルの延長にも使えるのでなかなかいい感じです。

ちなみに、その他XBOX360のケーブル類には
S端子、D端子、コンポーネントと4種あるわけですが、このVGAケーブルにはビデオ(コンポジット)端子がついてないんですね。

まぁVGAをつなぐ時にコンポジットが近くにあることってほとんどないですからね。

あとHDとTVの切り替えスイッチもついてないです。コンポジットがないので当たり前ですが・・・。

光のオプティカル端子は他のケーブル同様ついてます。

初接続時は640*480で表示されます。
本体の設定で、解像度が
 640*480
 848*480
 1024*768
 1280*720
 1280*768
 1280*1024
 1360*768
の中から変更が可能。

画面サイズは4:3とワイドから選択可能になってました。

と、とりあえずそれぐらいしか見てないです。

また使ってみたらご報告いたします。
(ってもうみんな使ってるものだろうけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

互換:海外リスト更新060110

特別変わったというアナウンスはありませんが、
海外のほうに変化があったのでお知らせ。

追加:なし

削除:Star Wars: Starfighter™ Special Edition

またなにか不具合でもあったんですかね。。

国内のほうは特別変更はありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/07

ファイトナイトラウンド3すげー

XNEWSさんで海外のみ配信のデモを見る方法という記事がありましたので、
ちょっと試してみました。

てっきりデモって普通の見るヤツだと思ったら、FN3とかQuake4とかってプレイヤブルデモなんですね!

一本600Mぐらいありますが、これは一見の価値あり。

ちなみに見る方法ですが、
新規でアカウントを作成して、Silver会員として登録。
登録の際にアメリカの住所を適当にいれるだけ。
詳しい情報はXNEWSさんのリンクにありますので、それをそのまま書けば大丈夫だと思います。

とりあえずやっとこさFN3を落としてやってみました。

このシリーズって全然さわったことないのですが、いやまじすげー!!!の一言。
実況解説も入ってるのですが、ほんとにボクシングを見ている感じ。

デモだとステージが観客の少ないリングなので、ちょっと背景が地味ですが、実際にやった場合で大きな試合だとすごいことになるんじゃないでしょうか?

ボタン配置もよくわかりませんでしたが、AからBってやると結構綺麗に決まったのでなんとか勝つことができちゃいました。

ラウンド時間も実際の時間なのでしょうか。
結構長め。

ラウンドの後半、2分すぎると体がなんとなく重くなるのがリアル!

さらにラウンド終了10秒前に拍子木が「カチ、カチ」と鳴る。

これ実際のボクシング見ててもおもしろい試合だったりすると時間を忘れてしまいがちなんですが、
このゲームでも時間を気にしにくい時にあの音が鳴ると「はっ!」となる。

小さいところですが、こういうところもリアルな感じでいいです。

よくWOWOWでボクシングを見ているのですが、あのまま!っていう雰囲気は出てますね。

いやーこれデモじゃなくて実際のゲームをやりたい!!
FN2はPS2やGCでは日本でも発売されてますが、この感じはXBOXユーザーには受け入れられると思うんですけどねぇ。

EAさん、是非日本でもXBOX360でお願いします!!

見れる人は是非一度体験してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »